JAZZコンサートinカピオホール

大盛況につき、終了いたしました!JAZZコンサートinカピオホール
2018年6月16日(土)18:00開演(17:30開場)

作曲家/JAZZピアニスト/コンサートプランナーとして活躍する、根木マリサの初!JAZZコンサート inカピオホール
今回は、約2年間活動を共にしてきたメンバーたちと共に、温め続けてきた楽曲をお届けします。
何と言っても、オススメは、ボーカル:マックギルバートさんのために編曲した「Summertime」、そして、オリジナル曲「Dear my best friend」
曲の誕生秘話や、楽曲解説、そしてJAZZにまつわる、うんちくなど、わかりやすいMCと共に、お楽しみください。
過去のライブ映像は、こちら。

メンバー紹介

ピアノ:根木マリサ


9歳で作曲したクリスマスソングが、最優秀賞に選ばれ、フィンランドに招待される。テレビ朝日「オリジナルコンサート」に出演。土浦第一高等学校卒業。東京芸術大学を卒業。オランダのジャズシーンを支える、初代「ヨーロピアンジャズトリオ」のピアニストKarel Bohleeに師事。2015年12月オリジナCD「ELEGANCE」を発表。斎藤工が声優を務める秦敏子監督の、アニメ「パカリアン」への楽曲提供。京成百貨店の記念ソングなど、企業への楽曲提供も行う。 ママコン・トワイライト音楽祭の企画・制作・出演。

ボーカル:McGilbert V.Alvarez(マックギルバート)


母の影響で音楽の世界を知り、歌うことが大好きになり、5歳の時、初めてステージに立ち、それ以来ずっと歌を愛し、様々なイベントで多くのステージを経験。音楽大学で声楽を学び、1991年来日。その後、ライブハウス、レストラン、BAR、イベント等でポップス、ジャズ、バラードと、幅広いジャンルでライブ活動中。2010年にペドロ&カブリシャスのドラマー前田冨博、ベースの宮本博敏、東京キューバンボーイズのピアノ平田フミトとニューヨークを拠点に活躍。JAZZピアニスト・クニ三上と共演。

ベース:玉木英和


千葉県出身。 13歳でギターを始め高校時代の部活(ジャズバンド部)でベースに転向。 高校卒業後、東京の音楽専門学校の入学。Pops.Funk.gospel.Jazz.Fusionなどを学び、在学中より様々なアーティストのサポート、レコーディングに参加する。力強い音色とグルーヴが好評を呼びゴスペル界の重鎮リチャード・ハートリー、マーク・シャーマン(矢沢永吉ツアーミュージシャン)、守屋純子、近年はデュークエリントン楽団のトロンボーン奏者スタッフォードハンターと共演など、都内、千葉県を中心に活動中!

ドラム:高崎洋平


中高と吹奏楽部にて打楽器を担当。高校卒業後、東京ミュージック&メディアアーツ尚美に入学。ドラムを山村牧人に師事。 卒業後、劇団の音楽班として全国の学校やホールにて公演。 赤松敏弘(Vib.)や高野正一(Org.)とのセッションにて六本木PIT INN等、都内のLIVEハウスでの活動を開始。 現在、JAZZ、POPS、ラテン、吹奏楽、金管アンサンブル、ミュージカル、大正琴等、様々なジャンルで活動中。 外国人ボーカリスト、Gary Adkins、Monique、Donna Burke、声優、羽佐間道夫、野沢雅子、山寺宏一との共演。 地元にてドラム教室を開講しレッスンにもあたる。

JAZZコンサートinカピオ ジャズコンサートinカピオ


チラシは、クリックすると拡大します。

このページの上に戻る

inserted by FC2 system